消費者金融の活用。虎の巻

 

学生が消費者金融を受ける場合と学生の専用のローン

身分が学生である人で消費者金融を受ける場合、一般で受ける場合に比較して、いくつかの制約があります。まずは、原則的に未成年の場合は消費者金融を受ける事ができない事です。また、成年の場合でも身分を証明するために学生証の提示が求められます。

そして、当然ながら収入がないと審査を通過しないケースが多いので、アルバイトなどの収入の証明となる書類が必要となります。書類の他に、勤務地の在籍確認も行うケースがあります。融資した時の金利が安い銀行からのローンとして組むことも不可能ではないのですが、収入や諸々の証明書の審査基準が厳しくなりますので、未成年者でも可能な専用のローンの専門店でローンを受けたほうが効率的です。

学生の専用のローンの仕組みとしては、ローンを受ける際に必要な書類として、学生証のみがあればローンを受けら れる資格があります。さらに、身分を証明する免許証や健康保険証などを添えておくと審査が通過しやすくなります。収入に関する証明書が不必要となります が、金利に関しては一般の消費者金融の利率とほぼ同じ数値になるので、金利を踏まえた融資を行う必要があります。

審査の甘い消費者金融も今やたくさんありますが、、ローンを組む際には受ける人の住所や生年月日などの個人情報を記載する必要があります。別のローンを組み方法として、奨学金を受ける方法もありまして、利息が発生しない奨学金の種類があります。金利のない奨学金も検討するべきです。

主婦でも利用できるカードローン

予定外の出費でお財布がピンチ、だけどお給料日にはまだ間があって…そんな経験には誰にでもあるものです。そんなときに便利なのが、消費者金融会社などが提供しているカードローンです。カードローンは原則として担保も保証人も必要なく、また住宅ローンやカーローンなどと違って用途も限定されていませんから、さまざまな費用に充てることができます。

消費者金融会社はまたの名を「サラリーマン金融」というくらいだから会社員やOLしか利用できないのではないか、そんな疑問を抱いている方もおられるかも知れませんが、心配は不要です。今では利用資格は広がっており、ほとんどの会社では安定した継続的な収入がある人なら身分を問わずに利用できるようになっています。ですからたとえば主婦の方であっても、比較的長期のパートやアルバイトなどで月々一定の収入があれば、その収入で返済できる範囲内で借り入れを行うことが可能なのです。

また、自分は専業主婦で収入がないから…という方にもチャンスがあります。それは、銀行のカードローンです。銀行のローン商品は消費者金融会社の場合とは違うルールで運用されているため、収入のない人であっても利用可能です。実際、いくつかの銀行では、専業主婦向けのローンを提供しています。

ノーローンの概要をみてみる

ノーローンとは、新生銀行の子会社であるシンキ株式会社が運営しているキャッシングの商品です。シンキ株式会社は銀行系の消費者金融なので借り入れ金の悪質な取立てなどもなく安心して利用することができます。 このサービスの最大の特徴といえば1週間無金利というところです。これは、初回の契約時だけでなく、何度借り入れをしてもはじめの1週間は必ず無金利になるという優れたシムテムです。

例えば、給料日直前に急な用事でお金が必要になってしまった場合、借り入れ申請をしてすぐにお金を引き出すことができ、しかも1週間以内に全額を返済すれば利息を払う必要はないのです。もちろん提携先のATMなどで夜遅くでも返済手続きを行うことができるので、忙しくて支払いに行けなかったなどということも起こりにくくなります。また、ノーローンは最大300万円まで借り入れを行うことができ、長期的な計画での借り入れも、おまとめローンのように複数社の借り入れをひとまとめにしたいというような方でも利用することが可能です。

さらにこのサービスでは借り入れた期間と金額もとにノーローンポイントが貯められ、このポイントはマイレージやギフト券など様々な特典と交換することができるのでたいへんお得になります。 このようにノーローンは銀行系の運営する信用のある商品であり、安心して借り入れを行うことができ、また借り入れも返済もしやすいシステムを構築している点などからとても良心的な特徴を持つ商品であると言えます。